2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】千葉県内43人判明、約半数が経路不明 高校で生徒5人クラスター 千葉市8人、松戸市は7人

 千葉県内で29日、10歳未満から80代までの43人の新型コロナウイルス感染が判明した。居住地は県内16市に及んだ。40人以上判明は3日連続。重症者はいないが、5人に肺炎の症状がある。少なくとも半数近い21人が感染経路不明。

 県によると、東海大浦安高校(浦安市)で新たに男子生徒3人の感染が分かり、感染判明済みの男子生徒2人と合わせ、5人のクラスター(感染者集団)となった。5人とも同じクラス。これまでに、クラスや部活動が同じ生徒、教員ら19人を検査しており、残り98人を検査予定。同校は休校していないが、濃厚接触者は検査結果が出るまで自宅で待機している。

 成田市の20代男子専門学校生1人と富里市の20代男子専門学校生2人は同じ県内の学校に通学。同校の感染者は計10人に増えたが、うち6人はクラスターが発生している船橋市内物流倉庫業の事業所「デイリートランスポート」の従業員で、県は感染経路を調査している。

 松戸市の80代無職男性は23日まで県内介護事業所を通所利用しており、濃厚接触者を調べている。感染経路は不明で、肺炎の症状がある。

 市原市の女児は県内私立幼稚園に通園。同園は28日から休園している。感染経路は不明。

 他に肺炎症状がある4人は佐倉市の40代会社経営男性、市川市の30代アルバイト女性、浦安市の70代会社役員男性と60代無職女性。

◆千葉市内居住者8人 うち感染経路不明6人
 
 千葉市は29日、市内居住の10歳未満から60代までの男女8人の感染を発表した。うち6人は感染経路不明。

 市によると、経路不明の6人のうち、市内の学校に勤務する40代の男性教員は21日に発熱や喉の痛みが出た。熱が下がり、23日に勤務した。同僚の教員ら5人の調査を進めている。

 市内の医療機関に勤務する40代女性看護師は24日に38・3度の熱や味覚障害などが出た。女性は週1、2回で勤務しており、直近は22日に出勤。市はこの日の職場での濃厚接触者はいないとしている。

 市内の小学校に通う10歳未満の男子児童は家族の感染が判明済み。

◆船橋市は男児含む3人
 
 船橋市は29日、市内居住の10歳未満の未就学男児と20代女性、30代男性の計3人が感染したと発表した。少なくとも2人は軽症。

 市保健所によると、未就学男児は、同居家族が感染していた。20代女性は専門学校生で、飲食を共にした友人が感染していた。

 クラスターが発生した市内物流倉庫業の事業所「デイリートランスポート」では新たに20代の男女計2人の感染が判明。同事業所の感染者は計86人になった。
 
◆松戸市居住者で7人

 29日に千葉県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市8人▽松戸市7人▽市川市と浦安市が各4人▽船橋市3人▽流山市、我孫子市、富里市、佐倉市、成田市、市原市が各2人▽習志野市、八千代市、袖ケ浦市、柏市、鎌ケ谷市が各1人-となっている。

◆20代が10人で最多

 年齢層別では20代が10人で最も多い。次いで40代8人。30代と50代が各5人で、10歳未満と10代は各4人。60代と70代が各3人、80代は1人。

◆入院中の重症者10人

 千葉県内で確認された感染者の累計は4963人に増えた。入院中は189人で、うち重症が10人。

◆特養クラスター「終息」

 県は29日、クラスターが発生していた鎌ケ谷市内の特別養護老人ホーム「さつまの里」での集団感染が終息したとの判断を発表した。


  • LINEで送る