2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】千葉県内43人感染 居住地15市、3日連続で40人以上 千葉市内ナイトクラブ2人増

 千葉県内で22日、10代~80代の43人の新型コロナウイルス感染が判明した。40人以上判明は3日連続。居住地は県内15市に及ぶ。重症者はいないが、50代男性1人が肺炎。少なくとも17人の感染経路が不明。

◆客と従業員、新たに判明

 千葉市は22日、クラスター(感染者集団)が発生した千葉市中央区内のナイトクラブ(店名非公表、休業中)で、新たに2人(従業員と利用客)の感染が分かったと発表した。同店の感染者は計14人に増えた。市は40代男性利用客1人分を発表。男性は15日に来店していた。もう1人は千葉県から市に報告があった。

 千葉市は、店の名簿で利用者の特定ができ、店側も公表を希望していないとして店名を公表していない。

 千葉市はクラスター以外で、市内居住の20代と50代の計4人の感染も発表した。市によると、感染経路が不明の50代自営業男性は16日まで市内で事務の仕事をしていた。19日に発熱やだるさなどの症状が出た。

 いずれも20代の専門学校生男性と男性会社員(都内勤務)の計2人は無症状で、同居の友人の感染が判明済み。
 
◆船橋、20代と30代の4人 食事相手の職場同僚も感染

 船橋市は22日、市内居住の20代と30代の男女4人が感染したと発表した。4人とも軽症。うち20代のアルバイト女性1人は、集団感染が発生した市内物流倉庫業の事業所で勤務していた。

 市保健所によると、このアルバイト女性は19日に頭痛などの症状が出ていた。友人4人で同居しており、同じ事業所で働く1人を含む3人の検査を行う。

 30代アルバイト男性は13日に会食した東京都内居住の職場同僚が感染して分かった。20代男性会社員も、食事した職場同僚が感染していた。

 もう1人の30代アルバイト男性は17日に風邪のような症状が出ていた。感染経路は不明。
 
◆船橋の事業所で21人に
 
 船橋市は22日、市内物流倉庫業の事業所で発生した集団感染について、県内居住の20代~50代の男女4人の感染が新たに確認されたと発表。合計で21人になった。船橋市保健所は、集団感染が発生したものの同事業所を起点として感染拡大したと確認できていないことから、現時点でクラスターと認定していない。

◆市川の50代男性が肺炎
 
 県によると、船橋市内の物流倉庫業事業所勤務で新たに感染が分かった人のうち、市川市の50代男性会社員は肺炎と診断されている。

 一方、四街道市の30代アルバイト女性はクラスターが発生している千葉市中央区内のナイトクラブの従業員。他の新規感染者のうち、習志野市の20代男子専門学生は同居人の感染が判明済み。浦安市の10代男子高校生は県内の私立高校に19日まで登校しており、友人3人の検査を行う。

 松戸市は22日、市中央保健福祉センターに勤務する会計年度任用職員の30代女性1人が感染したと発表した。9日以降の勤務はなく、他の職員らに濃厚接触者はおらず、窓口にも影響はない。市によると、職員は同居家族の発症に伴う濃厚接触者として13日にPCR検査を受けた際は新型コロナ陰性だったが、19日に発熱し、2回目のPCR検査で陽性と判明した。

◆柏市3人、経路不明

 柏市は22日、市内居住の男性3人の新型コロナウイルス感染を発表した。50代の自営業、70代のパート、東京都内に勤務する50代の国家公務員。3人とも感染経路不明で、軽症。

◆20代が最多13人

 22日に千葉県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市6人▽船橋市、流山市、松戸市が各5人▽柏市と浦安市が各4人▽習志野市3人▽市原市、市川市、木更津市が各2人▽四街道市、八街市、八千代市、我孫子市、大網白里市が各1人-となっている。

 年齢層別では20代が13人で最多。次いで30代と50代が各7人、70代が6人。40代は5人で、60代と80代が各2人。10代1人。

◆入院209人、重症9人
 
 千葉県内で確認された累計感染者は4680人に増えた。入院中は209人で、うち9人が重症。


  • LINEで送る