被告「被害者の気持ち分かった」 成田不明女児の母を脅迫 検察、懲役6月求刑

 山梨県のキャンプ場で昨年9月に行方不明になった小倉美咲さん(8)の母、とも子さん(37)をSNSを使って脅したとして、脅迫の罪に問われた静岡県函南町、才津勝二被告(31)の初公判が14日、千葉地裁(金子大作裁判官)で開かれた。被告は起訴内容を認め、逮捕後に自身もインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受け「被害者の気持ちが身にしみて分かった」と謝罪した。検察側は懲役6月を求刑し結審した。

 起訴状によると、昨年10月22日~今年2月24日、とも子さんのフェイスブックのアカウントに「お前が犯人だろ」「早く自首しろ」「殺すぞ」などと、11回にわたってスマートフォンでメッセージを送信し、脅迫したとしている。

 論告で検察側は「不安な日々を送る被害者に理不尽なメッセージを送りつけた」と指摘。SNS上には、とも子さんを中傷する投稿が多数あり「被告からの『殺しに行く』などの言葉は、被害者に現実的な恐怖を感じさせた」と批判した。

 さらに、インターネットやSNSでの悪質な投稿などによって大きな被害が発生しているとし「対策は急務で、一般予防の観点からも厳罰に処する必要がある」と訴えた。

 弁護側は「とも子さんを犯人と決めつける情報を妄信し、根拠のない怒りがあった」と説明。誹謗中傷されるようになり「真摯(しんし)に反省し、被害者につらい思いをさせたと謝罪している」として情状酌量を求めた。


  • LINEで送る