2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

欠勤の職員を停職1カ月 鎌ケ谷市

 鎌ケ谷市は7日、上司に無断で欠勤したなどとして市民生活部の主事(25)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 市総務課によると、主事は6月15日~9月23日、上司への事前連絡をしない無断欠勤や、年次有給休暇を消化した上で、体調不良を理由とした欠勤を計12回繰り返した。欠勤は7日と5時間2分だった。勤務時間中に所在不明になることや、居眠りもあった。

 市は体調不良に関して、医療機関を受診することなどを指導したが、改善されなかったという。清水聖士市長は「市政に対する信頼を著しく損ないおわびする」とコメントした。


  • LINEで送る