「氷河期採用枠」倍率5倍 千葉県内外から申し込み 鎌ケ谷市

 バブル経済崩壊で就職難だった「就職氷河期世代」を対象にした正規の職員を募集していた鎌ケ谷市は22日、7人の採用枠に県内外から37人の申し込みがあったと発表した。倍率は約5倍。

 市によると、募集するのは▽土木職(上級)2人▽保育士職4人▽保健師職1人の計7人。受験資格はいずれも1974年4月2日から85年4月1日生まれで保育士職、保健師職は資格が必要。昨年12月10日から今月10日までが募集期間だった。

 清水聖士市長は「採用予定人数に対し5倍を超える応募をいただいた。より多くの企業や自治体で氷河期採用が実施され社会問題の解決に近づけば」とのコメントを出した。


  • LINEで送る