2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】柏の病院クラスター1人増 千葉、船橋でも感染判明

【24日関連】千葉県で2人死亡、26人感染

 柏市、千葉市、船橋市も24日、新型コロナウイルスの新規感染判明を発表した。県が発表した重症者1人以外は軽症か無症状。柏市によると、クラスター(感染者集団)が発生した市内の柏たなか病院で新たに30代の看護助手女性1人の感染が分かった。軽症。同病院の感染者は33人(職員13人、入院患者19人、退院患者1人)に増えた。

 柏市は他に市内居住の女性3人の感染を発表。いずれも軽症で、50代と20代の飲食業2人は、同じ市内飲食店に勤務する同僚の感染が判明済み。20代の会社員は感染経路が不明。
 
 ◆千葉市経路不明3人
 
 千葉市は20代~50代の男女4人(市内居住3人、船橋市居住1人)の感染が判明したと発表した。少なくとも市内居住3人の感染経路が不明。

 千葉市によると、市内居住3人のうち、20代のアルバイト女性は15日に発熱などがあった。同居家族3人にせきなどの症状があり、詳しく調査している。30代の飲食業女性も15日に発熱の症状が出たが、7日から仕事に行っていないという。50代の自営業男性は東京都内勤務。

 ◆船橋10歳未満2人
 
 船橋市は24日、市内居住の10歳未満の男児2人と50代アルバイト女性の計3人が感染したと発表した。男児のうち1人は軽症で、もう1人は無症状。

 市保健所によると、軽症の男児は19日にくしゃみや鼻水などの症状が出て、検査で感染が分かった。無症状の男児の感染が判明した経緯は非公表。

 女性は、感染が判明していた男性の濃厚接触者として検査を受けた。軽症。
 
 ◆中学生、小学生も
 
 県によると、県が発表した新規感染者のうち、四街道市の男子中学生2人は兄弟で、県内の同じ中学校に通学。学校は23日午後から休校となっている。兄は18日、弟は20日まで学校に行っていた。同居の父の感染が判明済み。市川市の小学生女児も同居家族が感染しており、登校(県内小学校)していたのは14日まで。

 また、県は23日までに感染を発表したうちの4人が、クラスター(感染者集団)が発生している「タカラ食品工業」葛西工場(東京都江戸川区)の従業員だと明らかにした。


  • LINEで送る