2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【速報】千葉県で2人死亡、26人感染 松戸の60代男性が重症 新型コロナ

 千葉県内で24日、26人の新型コロナウイルス感染と、感染して入院中だった男性2人の死亡が判明した。県内で確認された死者は70人に増えた。

 県は富里市の80代男性が死亡したと発表。この男性は、職場の同僚の感染を受けた検査で13日に陽性と分かり、無症状で14日に県内病院に入院。17日になり症状が悪化し、人工呼吸器を装着、18日に別の病院に転院したが、23日深夜に死亡した。呼吸器系の持病があった。もう1人の死亡は柏市が発表したが、年齢層や居住地など詳細は非公表。

 県によると、新規感染者のうち、松戸市の60代男性が重症で集中治療室に入り治療を受けている。男性は12日に発症。23日に病院を受診した際には症状が重く、救急車で別の県内病院に転院した。重篤な肺炎と、急性呼吸器症状がある。

 四街道市の男子中学生2人は兄弟で、県内の同じ中学校に通学。学校は23日午後から休校となっている。兄は18日、弟は20日まで学校に行っていた。同居の父の感染が判明済み。市川市の小学生女児も同居家族が感染しており、14日まで県内小学校に登校していた。

 また、県は23日までに感染を発表したうちの4人がクラスター(感染者集団)の発生が明らかになった「タカラ食品工業」の葛西工場(東京都江戸川区)の従業員だと明らかにした。

 24日に千葉県内で感染が確認された人の居住地は▽船橋市5人▽市川市と松戸市が各4人▽千葉市、柏市、鎌ケ谷市が各3人▽四街道市2人▽習志野市と我孫子市が各1人-となっている。

 年齢層は20代が8人で最多。次いで50代5人、10歳未満と30代が各4人、10代と60代が各2人、40代1人。

 26人のうち少なくとも10人の感染経路が不明。


  • LINEで送る