2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

長生、茂原で男女2遺体 拳銃自殺の可能性も

 22日未明から早朝にかけて、長生村と茂原市で拳銃で撃たれたような痕がある男女2人が見つかった。2人は死亡が確認されており、茂原署は男性が女性を殺害した後に拳銃で自殺を図った可能性もあるとみて、2人の身元確認を急ぐとともに、詳しい状況を調べている。

 同署によると、22日午前3時50分ごろ、同村岩沼のJR外房線八積駅近くにある踏切内で、停車している乗用車を見つけた近くの住人から「車の中にいる男性が呼び掛けに応じない」と110番通報があった。40代とみられる男性の頭部には拳銃で撃たれたような傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。車内からは拳銃のようなものが見つかった。

 22日午前6時35分ごろには、踏切から北西に約8キロ離れた茂原市腰当の草むらで、50~60代ぐらいの女性が倒れているのを散歩中の人が見つけて110番通報。女性も頭部から血を流しており、拳銃で撃たれたような外傷があった。女性は現場で死亡が確認された。

 同村の現場で最初に通報した人は、車のブレーキと拳銃を発砲した際に出るような音を聞いて、踏切を確認しに行き車を見つけた。死亡した男性は運転席に座り、エンジンはかかった状態だった。同市で死亡が確認された女性はあおむけの状態で見つかり、着衣に乱れはなかったという。2人には面識があったとみられ、同署は詳しい関係性を調べている。


  • LINEで送る