2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】千葉市のプロレスラーも感染 来場者にPCR検査促す 船橋では13人判明

7月に観客有りの興行を再開したプロレス団体「2AW」の試合。観客は1メートルの間隔を空けて観戦した=7月19日、千葉市中央区
7月に観客有りの興行を再開したプロレス団体「2AW」の試合。観客は1メートルの間隔を空けて観戦した=7月19日、千葉市中央区

 千葉市は14日、20代~60代の男女5人(千葉市居住4人、市原市居住1人)の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。

 市によると、千葉市居住のうち1人は20代のプロレスラー男性。症状はないが入院した。市は同僚プロレスラー18人を含む24人を濃厚接触者としており、詳しく調査する。感染したプロレスラーは9日に市内で開かれた興行に参加したが、観戦者は濃厚接触者に当たらないとした。

 他の4人のうち感染経路不明が少なくとも3人。20代の女性会社員は東京都内勤務で、接待を伴う飲食店を利用したことがあったという。50代の建築業男性は9日にせきの症状が出た。60代のパート女性は4日に頭痛、10日には発熱したことから同日、受診した。

 市原市の40代男性は都内勤務。9日に発熱した。

 ◆吉野選手が感染 プロレス団体2AW

 千葉市を中心に活動するプロレス団体「2AW(ツーエーダブリュー)」は14日、所属選手の吉野コータローが新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 既に感染が判明している友人の濃厚接触者として検査を受けて分かった。団体は16、20、23日の3大会を中止すると決定。チケットは払い戻しとなる。

 千葉市保健所からの指導のもと、濃厚接触者のPCR検査や、試合会場兼道場の2AWスクエア(同市中央区)の消毒などを実施。9日に同スクエアで開催した興行の来場者にPCR検査を受けるよう呼び掛けている。大会再開は決まり次第、告知する。

◆船橋で13人判明 病院1増、7人は経路不明

 船橋市は14日、市内居住13人の新型コロナウイルス感染判明を発表した。1人はクラスター(感染者集団)が発生している市立リハビリテーション病院の理学療法士で20代の女性。同病院のクラスターは医療従事者9人、入院患者・元患者8人の計17人に増えた。

 市によると、理学療法士女性は8月初旬以降は出勤していない。この時期に受けた検査では陰性だったが、8月11日から喉の痛みや鼻詰まりの症状が出て再検査した結果、陽性だった。

 他の感染判明者のうち、少なくとも7人の感染経路が分かっていない。98人分の検査結果で13人の感染が分かった。症状が重い人はいない。2人については、本人の同意が得られないことを理由に年齢層や職業を公表しなかった。11人は20代~70代。3人に仕事で東京都内との往来があった。

◆柏市は未就学児含む2人

 柏市は14日、10歳未満の未就学男児を含む市内居住の2人の感染を発表した。 市によると、男児は感染が判明している40代の母親の濃厚接触者。症状は治まり、入院に向け調整中。5日に発熱やせきの症状があり、12日に市内医療機関を受診した。通っている県内の子育て支援施設で濃厚接触者の有無を調べている。同居の父親は陰性。

 30代の無職男性は軽症で、感染経路が不明。


  • LINEで送る