2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】千葉県内で46人判明、重症者や診察医師の感染も 8月開店のスナックでクラスター 感染経路不明7割

 千葉県内で13日、医師や介護士らを含む10歳未満から80代までの46人の新型コロナウイルス感染が判明した。居住地は県内24市町にまたがっており、約7割の33人が感染経路不明。松戸市の50代男性会社員が重症で、人工呼吸器を着けている。野田市内では8月に開店したばかりのスナックで5人目の感染者が判明。県は新たなクラスター(感染者集団)と判断した。
 
 県によると、クラスターが発生したのは野田市野田の飲食店「スナック エンジョイ」。利用客で同市居住の50代男性1人の感染が新たに分かった。既に従業員2人、客2人の感染が判明しており、同店関連で5人目となった。

 同店は8月1日に新規開店し、営業時間は午後8時~午前0時。マスク着用は徹底されていなかった。換気のため入り口のドアを開放していたが、カラオケをする際は閉めていた。客が替わるごとにマイクは消毒。一方で客の名簿は作成しておらず、従業員の検温もしていなかった。6日から自主休業している。

 同店の従業員が客として訪れていた野田市内のパブで、既にクラスターが確認されている。

 県は他に40人分の新規感染を発表。重症の松戸市の50代男性会社員は11日に県内病院に入院、現在は39・4度の熱と肺炎症状。呼吸器系の持病があるという。
 
 ◆患者診察の医師も
 
 酒々井町の50代女性医師は、勤務先の県内病院で新型コロナの患者を診察していた。7日に発症。7日と11日に出勤していた。肺炎で症状はやや重い。

 八千代市の50代女性保育士は5日に症状が出た。3~5日に県内保育園へ出勤した。同園は13日から22日まで休園する。同市の40代で保育園職員の男性は8日発症。6、7日に県内保育園に出勤した。同園は21日まで休園する。2人は隣接する系列保育園勤務だが、接触があったかは不明。

 八千代市の30代男性介護士の感染も判明。県内の利用者宅で訪問介護を担当しており、3日から、発症する5日まで勤務していた。

 ◆船橋で未就学児ら4人 いずれも経路不明、軽症

 船橋市は13日、10歳未満の未就学男児1人を含む市内居住4人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。4人とも感染経路が分かっていない。全員軽症。

 市によると、男児は7日に38度の熱が出た。家族が保健所に相談し検査の結果、感染が判明した。熱は下がっている。家族2人が濃厚接触者として検査対象。
 
 ほかの3人のうち、70代男性会社員と50代男性会社員は、ともに熱や体のだるさが出て検査。70代男性は症状が出て以降は在宅勤務だが、電車で移動した日もあったという。50代男性は症状が出る当日までの3日間、電車通勤した。

 20代無職男性は7日に味覚障害が出た。

 ◆柏市は1人
 
 柏市は13日、市内居住の40代男性会社員1人の感染を発表した。軽症で、入院した。男性の子ども2人(中学生と20代)が既に陽性と判明している。家族5人のうち、3人が感染した。

 男性は2人の子の陽性が判明した時点で濃厚接触者としてそれぞれ受けた2回の検査では陰性だったが、11日に発熱やせきなどが出て12日に市内の医療機関を受診。3回目の検査で陽性と分かった。子の受診時に車で送迎していた。市保健所は残る家族を再検査する予定。

 千葉市は13日、感染判明の発表がなかった。

 13日の県内感染判明者の居住地別では、八千代市6人、市川市、松戸市、船橋市が各4人、浦安市と野田市が3人、佐倉市と市原市が各2人。柏市、八街市、白井市、四街道市、成田市、富里市、香取市、習志野市、鎌ケ谷市、茂原市、我孫子市、山武市、流山市、酒々井町、九十九里町、大多喜町で各1人。

 これまで感染者がいなかった九十九里町と大多喜町で初めて感染者が確認された。ともに感染経路不明。

 年齢層別は20代13人、40代12人、50代8人、30代5人、60代3人、70代3人。10歳未満と80代が各1人。

 県内で確認の感染者は累計2304人に増えた。


  • LINEで送る