【新型コロナ】千葉県内で保育園児や歯科医師ら15人判明 10人が感染経路不明、16日連続2桁

 千葉県内で21日、保育園児や歯科医師ら15人の新型コロナウイルス感染が判明した。10人の感染経路が不明。8人に東京都内との行き来があった。重症者はいない。10人以上の感染判明は16日連続。確認された感染者は累計1337人に増えた。

 県は11人分を発表。県疾病対策課によると、鎌ケ谷市内の保育園に通う女児は同居の両親の感染が判明済み。無症状。検査の2日前から保育園には行っていないことから、同園関係の濃厚接触者はいない。

 歯科医師は亀田クリニック歯科センター(鴨川市)に勤務している。17、18日に出勤しており、2日間で診察を受けた外来患者は約70人。安房保健所が濃厚接触者の特定を進めている。同保健所の調査で入院患者と職員には濃厚接触者がいなかったことから、クリニックは診療を継続する。

 八千代市の20代女性は県内の店舗で販売のアルバイトをしており、8、9日と12~14日に勤務した。6月30日~7月11日に計4回、都内で食事をしていた。

 木更津市の男性も11、12日に都内で食事をした。松戸市の50代女性は県内の倉庫で16、17日にアルバイトをしていた。習志野市の60代女性は同居の息子の感染が判明済み。

 千葉市は21日、市内居住で20代の男性2人の感染が判明したと発表した。ともに感染経路は不明。

 市によると、サービス業の男性は14日に38度台の発熱などがあり、15日に受診。18日に検体を採取した。友人1人が喉の痛みなどを訴えており、詳しく調べる。市内勤務の会社員男性については、両親ら家族4人と同僚1人を濃厚接触者として検査する。

 船橋市は21日、市内居住の男性2人の感染を発表した。ともに軽症で、接触相手の感染が分かっている。

 市保健所によると、うち40代会社員は東京都内の職場同僚の感染が判明済み。一緒に食事もしていたという。15日に喉の痛み、19日には熱や関節痛も出た。

 20代会社員は15日に39度の熱やだるさが出た。14日に兄弟、友人の計2人と同じ車で出掛けており、この2人の感染が判明済み。車内で一緒に食事を取ったという。

 【21日発表の新型コロナ感染者】
鎌ケ谷市 50代男性 会社員
鎌ケ谷市 30代女性 都内会社員
鎌ケ谷市 10歳未満 保育園女児
市川市  50代女性 都内アルバイト
市川市  30代女性 無職
松戸市  30代女性 会社員
松戸市  50代女性 アルバイト
船橋市  40代男性 都内会社員
船橋市  20代男性 都内会社員
千葉市  20代男性 サービス業
千葉市  20代男性 会社員
八千代市 20代女性 アルバイト
習志野市 60代女性 都内アルバイト
木更津市 40代男性 無職
東京都  50代男性 県内診療所歯科医
※地名は居住地


  • LINEで送る