2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】千葉県内21人感染、経路不明9人 浦安の病院3人増、特別支援校生も

 県内で17日、21人の新型コロナウイルス感染が判明した。少なくとも9人の感染経路が不明。重症者はいない。クラスター(感染者集団)が発生したタムス浦安病院(浦安市)の入院患者、看護師、理学療法士各1人の感染も分かった。同病院での感染者は計31人になった。県内で20人以上の感染判明は4日連続。累計1248人に増えた。

 県によると、同病院の3人はいずれも検査で1度陰性だったが、症状が出たため再検査し、陽性と分かった。濃厚接触者はこれ以上広がらない見込みで、引き続き接触者の健康観察を続ける。感染が判明している入院中の患者16人は別の県内病院に転院した。

 県と県教委によると、県立千葉特別支援学校(千葉市花見川区)中学部の生徒1人の感染も判明。生徒は14、15日に登校、16日は早退し、同日に陽性と分かった。県教委は保護者の意向として居住地や性別を明らかにしていない。同校は17日から22日まで臨時休校。千葉市保健所が濃厚接触者として児童生徒32人、教職員11人を特定、検査する。

 我孫子市居住の介護職員は県内高齢者施設に勤務で、同僚女性の感染が判明済み。13、14日に勤務しており、施設内に約80人の濃厚接触者がいる。

 船橋市は17日、市内居住の20代~40代の3人が感染したと発表した。40代男性は同市職員で、市庁舎勤務。窓口で商工関係の事業者に対応していた。3人とも軽症で、男性職員ら2人の感染経路は不明。

 市によると、男性職員は9日まで市庁舎で勤務し、同日の勤務後に発熱。受診して風邪薬を処方された。10日以降は自宅で療養し熱は下がったが、13日に再び発熱。14日に受診した医療機関で、PCR検査を勧められた。男性職員の課は約30人の職員が勤務。職場で一緒に昼食を取った職員3人を検査し、17日に3人とも陰性と確認された。16日に職場内を消毒している。

 千葉市は60代女性と20代男性ら計5人の感染が判明したと発表した。市によると、60代女性は13日に鼻づまりや味覚障害の症状が出て15日に受診。軽症だが入院した。感染経路は不明。

 柏市は市内居住で都内に勤務する40代の男性会社員1人が感染したと発表した。軽症で感染経路は不明。

 男性は13日に発熱やのどの痛み、せきなどがあり、15日に市内の医療機関を受診した。発症2日前以降、県外や市内に出勤した。

 【17日の新型コロナ感染者】
船橋市  30代男性 都内会社員
船橋市  40代男性 同市職員
船橋市  20代女性 個人事業主
千葉市  60代女性 無職
千葉市  20代男性 会社員
八千代市 20代男性 会社員
八千代市 50代男性 理容業
松戸市  20代女性 県外保育園職員
松戸市  20代女性 無職
市川市  20代女性 都内会社員
市川市  10代男性 都内アルバイト
我孫子市 20代男性 介護職員
柏市   40代男性 都内会社員
成田市  30代女性 無職
鎌ケ谷市 30代男性 不明
浦安市  30代女性 都内会社員
非公表    非公表
非公表    非公表
浦安の「タムス浦安病院」
浦安市  80代女性 入院患者
浦安市  30代女性 看護師
浦安市  20代男性 理学療法士
※地名は居住地


  • LINEで送る