千葉市の高齢女性1200万円被害 電話de詐欺

 千葉北署は14日、千葉市稲毛区の無職の女性(76)が電話de詐欺被害に遭い、現金1200万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、13日午後2時10分ごろから約10回、女性方に息子やJR職員を名乗り「会社のお金が入った大事なバッグをなくした。お金をどうにか工面できないか」「落とし物が見つかりました。本人確認のために氏名や住所、家族構成を教えてください」などとうその電話があった。

 女性は13日夕、現金1200万円を2回に分けて、自宅と付近の路上で、息子の同僚などをかたる男2人にそれぞれ手渡した。その際、外国人とみられる男が現れたため不審に思い息子に確認したところ、詐欺と発覚した。

 現金を受け取りに来た男は、いずれも20~30代ぐらいで、体格は細身。上下黒色の服で、マスクを着用していた。


  • LINEで送る