「もうやめて」ねじ伏せる 暴力で家庭内支配 母証言 【法廷リポート 野田女児虐待死】

 “密室”の内側はどこまで明らかになるのか-。野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死などの罪に問われた父親、勇一郎被告(42)の裁判員裁判は26日、事件の鍵を握る心愛さんの母親(33)の証人尋問が始まった。母親は同月、心愛さんの命の危険を感じて勇一郎被告に「あなたのやっていることは虐待」と訴えたが、「お前は何も分かっていない」と暴力でねじ伏せられたことを証言。家庭内に絶対的な支配が存在したと明らかにした。

 母親は心愛さんが死亡する約3週間前の年始の出来事として、心愛さんが床に打ち付けられるなどしてぐったりしていたと説明。「危ない」と思ったため、勇一郎被告に「もうやめて」と声を掛けたが、胸ぐらをつかんで押し倒され、膝掛けを口に突っ込まれたという。

 当時、心愛さんを除いて沖縄県などへの家族旅行が計画されていたが、母親は勇一郎被告の思惑について、心愛さんが自宅でなく祖父母方での生活を望んだことへの「嫌がらせ」と証言した。心愛さんの体に虐待発覚につながるあざができたため、家族旅行は断念。勇一郎被告は「とても残念そうだった」という。

 勇一郎被告とのなれそめも振り返り、勤務先で知り合った際の第一印象は「明るくて優しい方」。交際を始めてからは暴力的な側面を知り、「暴言を吐いたり束縛したりするようになった」と説明した。仕事を辞めるよう勇一郎被告に言われ、結婚前に退社。入籍後は「束縛が強くなった。家から全く出られなくなった」とした。

 長女出産、別居、離婚、再婚、次女出産を経て2017年9月に野田市に移り住み、心愛さんから虐待被害を打ち明けられる中、県柏児童相談所による一時保護は「正直ほっとした」。一方、勇一郎被告は「何も悪いことをしていない」と不満げだったという。

 絶対的な支配にあらがえず、最終的に心愛さんの行動を勇一郎被告に逐一報告するなど虐待に加担する格好になってしまった母親。当時は「勇一郎に対してストレスがたまり、心愛に当たってしまった」といい、「とても後悔している」と現在の心境を打ち明けた。

 母親は勇一郎被告の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助の罪に問われ、すでに懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の一審判決が確定している。


  • LINEで送る