誤射賠償求め提訴 稲川会トップらに住民 松戸連続発砲

記者会見で訴訟の意義を説明する佐野弁護団長(左)ら=20日、千葉市中央区
記者会見で訴訟の意義を説明する佐野弁護団長(左)ら=20日、千葉市中央区

 松戸市で2017年5月以降相次いだ発砲事件で、自宅アパートに銃弾を誤射され、精神的苦痛を受けたとして、同市の女性が20日、指定暴力団稲川会の辛炳圭(通称清田次郎)総裁ら2人を相手取り、慰謝料など1300万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

 原告の弁護団によると、女性は同年6月7日、自宅アパートに帰宅し、電気をつけた後、何者かに銃弾3発を撃ち込まれた。背景には稲川会内部の対立抗争があり、女性方は誤って発砲されたとみられる。女性にけがはなかった。

 弁護団は20日、千葉市中央区の県弁護士会館で記者会見し、対立抗争などに関する損害賠償責任について定めた暴力団対策法に基づき、代表者らの責任を追及すると説明。佐野善房弁護団長は「抗争の巻き添えで一般市民が死傷する事件が多数起きている。女性の恐怖は計り知れない」と強調した。

 女性は弁護団を通じてコメントを発表。「思い出すと、今でも震えが止まらない。訴訟を起こすことで抗争事件や暴力団の違法活動を抑止し、一般市民が理不尽な被害を受けても泣き寝入りせず、権利を実現できることを示したい」としている。

 誤射された事件などを巡っては、指示役とされる稲川会系の組長(58)が銃刀法違反などの罪に問われ、千葉地裁が昨年11月、懲役17年、罰金500万円を言い渡した。組長は控訴しているという。


  • LINEで送る