IR汚職で白須賀議員 千葉市長に3容疑者紹介

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、千葉市の熊谷俊人市長は23日の定例記者会見で、昨年1月に白須賀貴樹衆院議員(千葉13区)から紹介された中国企業「500ドットコム」の関係者が贈賄容疑で再逮捕された3容疑者だったことを明らかにした。

 市などによると、面会したのは元副社長、鄭希(37)、元顧問の紺野昌彦(48)、仲里勝憲(47)の3容疑者。昨年1月8日と同18日の2回で、いずれも白須賀氏が同席した。市幹部も同席しており、同社は事業内容を、市側はIR誘致の検討状況などを説明したという。

 熊谷市長は「当然、金銭の授受や申し出はなかった」と改めて強調。白須賀氏へのコメントを求められると「しっかりご自身で説明していただければ」と述べた。


  • LINEで送る