乗務中の男性車掌、無関係サイト閲覧 JR武蔵野線

 JR千葉支社は21日、武蔵野線の電車で乗務中の50代の男性車掌が、業務用タブレットで業務に無関係のサイトを閲覧する不適切行為があったと発表した。

 同支社によると、車掌は20日午後5時53分~6時5分ごろ、東京発府中本町行き上り電車(8両編成)の乗務で、西船橋-新八柱間を走行中、旅行関係のサイトなどを閲覧。その様子を乗客が撮影し、SNS(会員制交流サイト)に動画が投稿されたことなどで問題が明らかになった。

 男性は事実関係を認め、「有事の際はタブレットを使うのをやめて対応できると思った」という趣旨の説明をしている。以前にも業務に無関係のサイトを閲覧したことを認めたという。

 今回の不適切行為に伴う列車の遅れや停止位置の誤りはなかったといい、同支社は「ご心配をお掛けし、深くおわびする。全乗務員に対し、責任感を持ち執務することを指導する」とコメントした。


  • LINEで送る