3歳女児 首絞め殺害 無理心中か、容疑で両親逮捕 館山

 館山市内の住宅で3歳の次女の首を絞めて殺害したとして、館山署は1日、殺人の疑いでいずれも君津市杢師1の警備員、羽山和宏容疑者(51)と妻の無職、有布子容疑者(40)を逮捕した。「借金で生活が困難になり殺害した」と容疑を認めており、同署は両親が無理心中を図ろうとした可能性もあるとみて調べる。

 2人の逮捕容疑は共謀し1日午前1時~1時半ごろ、館山市正木の住宅で、次女の有依ちゃんの首を絞めるなどして殺害した疑い。和宏容疑者が両手で首を絞め、有布子容疑者が両足を押さえる役割だった。

 同署によると、1日午前3時ごろ、同市内の公衆電話から「娘の首を絞めて殺してしまった」と同署に通報があった。約40分後、現場に駆け付けた警察官が有依ちゃんを見つけたが、現場で死亡が確認された。同署が両親から事情を聴いていた。

 住宅は平屋建てで、数年前から空き家だった。有依ちゃんは和室の畳の上に服を着てあおむけの状態で見つかった。同署は司法解剖して死因を調べる。虐待に関する情報は入っていないという。


  • LINEで送る