富津で保険金殺人か 知人男ら3人逮捕 浜金谷港 男性溺死

 富津市の海岸で1月、千葉市若葉区の会社員、宍倉拓也さん=当時(23)=が溺死した水難事故で、宍倉さんを海に落として殺害したとして、千葉県警は28日、知人の男ら3人を殺人容疑で逮捕した。宍倉さんに掛けられていた多額の生命保険金目当てだったとみて、県警は富津署に捜査本部を設置し、詳しい経緯を調べている。

 逮捕されたのは、八街市砂、内装業、宍倉靖雄(48)と四街道市和良比、彫師、佐中佑輔(31)、住所不定、内装工、金子栄司(50)の3容疑者。

 3人の逮捕容疑は1月27日、富津市金谷の埠頭で、生命保険金入手を目的に、宍倉拓也さんを海に転落させて殺害した疑い。

 捜査関係者によると、男らは当時、一緒に釣りに来た宍倉拓也さんが行方不明になったと通報し、海底から遺体が見つかっていた。県警は水難事故に見せかけたとみている。

 木更津海上保安署によると、宍倉拓也さんは同日午前5時前から現場付近で、知人らと4人で釣りをしていたが、同6時ごろから行方が分からなくなっていた。当時、知人は「落水したかは分からない」と話していた。

 同保安署などが付近の海域を捜索し、同日午後2時すぎ、海底に沈んでいた宍倉拓也さんを見つけたが、心肺停止状態で現場で死亡が確認された。


  • LINEで送る