作業員2人転落死 30メートルのやぐらから 君津の火力発電所

  • LINEで送る

 7日午前9時25分ごろ、君津市君津の「君津共同火力」の発電所敷地内で、男性作業員2人が高さ約30メートルのやぐらから地面に転落し、いずれも多発性外傷で搬送先の病院で死亡が確認された。君津署で当時の状況や転落した原因、安全管理に問題がなかったかを調べている。

 同署によると、死亡したのは君津市杢師3、金子光男さん(49)と木更津市桜井新町4、山本龍耶さん(31)。設備メンテナンスを委託された富津市にある会社の従業員とみられる。

 2人は同8時半ごろから、ボイラー設備を交換するために造られたやぐらの上で、安全ベルトを着け、機材が転落するのを防ぐ鉄柵を設置する作業をしていた。やぐらの上にはほかに作業員が1人、地上には鉄柵を運ぶクレーンの運転手が1人いた。

 君津共同火力によると、隣接する日本製鉄の製鉄所で発生するガスを主燃料に発電し、製鉄所や東京電力エナジーパートナーへ電力を供給している。同社は「安全を最優先で再発防止に努めたい」とコメントした。