殺人容疑で夫ら再逮捕 母親と事前に計画か 柏の女性遺棄

  • LINEで送る

 柏市の弥谷麻衣子さん(30)の遺体が茨城県取手市の夫の実家から見つかった事件で、柏署特捜班は7日、殺人の疑いで夫の柏市南柏中央8、元銀行員、弥谷鷹仁容疑者(36)と、取手市井野台4の実家に住む母親で無職、弥谷恵美容疑者(63)=いずれも死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は共謀し3月4日夕、柏市内の路上に止めた車の中で、鷹仁容疑者が麻衣子さんの首を絞めるなどして殺害した疑い。

 同特捜班によると、鷹仁容疑者は「首を絞めて殺した」と容疑を認め、恵美容疑者は「鷹仁が本当に(殺害を)実行するとは思っていなかった」と否認している。

 捜査関係者によると、鷹仁容疑者はこれまでに「殺害の2日前に母親と一緒に遺体を埋める穴を掘った」と供述。旅行先での殺害も相談していたとみられる。同特捜班は、鷹仁容疑者が麻衣子さん殺害を事前に恵美容疑者と話し合い、殺害から遺体遺棄までを計画していたとみて捜査する。

 両容疑者は、殺害したとされる3月4日の夕から夜までの間、恵美容疑者の自宅敷地内に手作業で麻衣子さんの遺体を埋めた死体遺棄容疑で7月18日、逮捕された。

 鷹仁容疑者は3月6日に「妻が帰ってこない」などと同署へ行方不明の届けを出し、駅で情報提供を呼び掛けるチラシを配るなどしていた。