ネットに書籍無断公開 “看護師のバイブル” 容疑で男性を書類送検 千葉県警

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県警サイバー犯罪対策課と八千代署は8日、看護専門書の内容を無断でウェブサイトに公開したとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで、医療人材仲介会社「with Career(ウィズキャリア)株式会社」(東京都千代田区)と同社の実質的経営者の男性(41)=同区=を書類送検した。

 送検容疑は、著作権者の承諾を得ずに、看護専門書「疾患別看護過程の展開(第4版)」(学研メディカル秀潤社)の内容をウィズキャリア社が開設した医療情報サイトに公開し、著作権を侵害した疑い。同書籍は“看護師のバイブル”と呼ばれ人気だという。

 同課によると、記述内容を手作業で打ち込む方法で、2015年2月ごろから無断公開していた。同サイトには同社が運営する看護師求人サイトの案内があり、男性は「求人サイトに客を誘導するためだった。違法だと分かっていた」と容疑を認めている。

 求人サイトを介して応募した看護師を病院が採用すると、病院から同社へ100万円の報酬が支払われ、看護師にも同社から祝い金として40万円が贈られる仕組みだった。

 昨年7月に著作権団体から情報提供があり捜査していた。16年10月には出版元が当時の運営会社へ著作権侵害を指摘していた。