サーファー男性死亡 一宮町

  • 0
  • LINEで送る

 25日午前9時ごろ、一宮町一宮付近の防波堤で、20代くらいの男性が消波ブロックに挟まれているのを一緒にサーフィンをしていた友人が発見し、119番通報した。男性は搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。茂原署は男性の身元確認を急ぐとともに、サーフィン中に溺れた可能性もあるとみて友人らから話を聴き、当時の詳しい状況を調べている。

 同署によると、男性は友人と4人でサーフィンに訪れていた。途中で男性の姿が見えなくなったことに気付いた友人たちが付近を捜したところ、消波ブロックに挟まれた状態の男性を見つけた。