2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

千葉地検が控訴断念 長生村ひき逃げ 「人の認識なく」無罪

 長生村で2014年1月、千葉市消防局職員の男性=当時(29)=が車にひかれて死亡したひき逃げ事件で、道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた同村職員男性(40)に対し「人をひいたという認識はなかった」などとして無罪とした千葉地裁判決について、千葉地検は29日、控訴を断念した。

 地検の互敦史次席検事は「上級庁とも協議をしたが、控訴はしないこととした」とコメントした。

 地裁は15日「職員は車に相当強い衝撃を感じていたと推認できるが、ごみや木材、動物と認識し、人をひいたと認識していなかったと考えられる」などとして職員を無罪とした。地検は「路上に横たわっていた被害者に衝突する時点で、人かもしれないと認識できたはず」などと懲役2年を求刑。職員側は「人をれき過したと認識することは未必的にも不可能」などと無罪を主張していた。

 同事件で職員は昨年10月、自動車運転過失致死罪で同地裁から罰金50万円の有罪判決を受け刑が確定している。道交法違反事件は、この確定裁判の判決前に起訴され、検察側は併合審理を求めていたが職員側が併合審理を希望せず、別々に審理されていた。


  • LINEで送る