吉野和剛さん転落死 千葉県出身有名パフォーマー 浦安の劇場

  • 0
  • LINEで送る

 10日午後0時15分ごろ、浦安市舞浜の劇場「舞浜アンフィシアター」で、ワイヤにつり下げられた状態で点検作業をしていた千葉県出身のパフォーマーで有限会社代表取締役、吉野和剛さん(38)=東京都世田谷区宮坂1=が約10メートル下に転落した。吉野さんは心肺停止状態で病院に搬送され、間もなく死亡した。浦安署は詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、吉野さんは数人と、同シアターで予定されていたイベントの準備のため、演出に使う舞台機器のワイヤにつられた状態で速度の調整作業にあたっていた。何らかの原因でワイヤが緩んだとみられる。同シアターから「男性が作業中に5階から2階に転落した」と119番通報があった。

 同シアターを管理するオリエンタルランド(同市)によると、シアターはイベントを主催する博報堂の子会社に貸し出し中だった。同社は「事実関係を確認中」としている。

 吉野さんの会社のホームページなどによると、吉野さんは有名なサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」関連のイベントや有名アーティストのコンサートなど、国内外のイベント、テレビ番組に多数出演。振り付けや演出なども担当している。