酔って車傷つけ減給 千葉県職員、未成年と飲酒も

  • LINEで送る

 千葉県は28日、未成年の同期入庁男性職員2人と飲酒した上、県職員寮で車を傷つけたとして、商工労働部の20代男性職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。飲酒した未成年職員2人は厳重注意とした。

 県総務課によると、20代職員は7月23日夜、千葉市稲毛区の居酒屋で2人とビールや日本酒を数杯ずつ飲んだ後、同区の県職員寮の駐車場に止めてあった他人の車1台の側面全体に小石で線をつけたり、ボンネットや屋根に乗ったりした。

 未成年職員2人も現場にいたが、車を傷つける行為には関与しなかったという。

 20代職員は翌日、被害者の通報で現場に来た警察官に行為を認めた。酔った勢いだったと説明し「多大な迷惑を掛け申し訳ない」と反省しているという。被害者とは9月に示談が成立し、修理代金も支払った。

 同課は「公務員倫理が厳しく問われる中、遺憾。法令の順守と服務規律の確保に努める」とした。