高架橋のコンクリ片落下 JR千葉支社

 24日午前10時25分ごろ、市川市市川南3のJR総武線市川-小岩駅間の高架橋下で、「音がしたので振り向いたら、橋のコンクリートの一部が剥がれて落ちていた」と、通行人男性から市川駅の駅員に申し出があった。

 JR千葉支社によると、落下したコンクリート片は計5つ。大きさは最大縦約8センチ、横約5センチ、厚さ約3センチで、重さは約300グラム。橋脚上部の高さ約8・8メートルから落下していた。けが人はいなかった。

 高架橋下は駐輪場として利用されており、誰でも立ち入れる場所。雨などによる腐食が原因とみられ、橋の強度や電車の走行に問題はないという。同支社は同日、付近の高架橋の点検などを実施した。


  • LINEで送る