集中治療室から麻酔薬盗む 男性看護師を懲戒解雇 千葉大付属病院

  • LINEで送る

 千葉大は1日、同大医学部付属病院(千葉市中央区)から麻酔薬を盗んだとして同病院の男性看護師(29)を懲戒解雇処分としたと発表した。処分は9月30日付。男性看護師は「家庭の問題で悩み、自殺目的で使用するために盗んだ」と認めている。千葉中央署は同月8日、窃盗容疑で看護師を書類送検した。

 同大学によると、男性看護師は5月7日午前10時半ごろ、同病院の集中治療室で勤務中に、手術で使う麻酔薬50ミリリットルを盗み、同月中に同病院内のトイレや自宅で3回に分けて自らに注射した。男性看護師は同月1日に採用されたばかりだった。

 同病院が麻酔薬の本数が減っていることなどから盗難被害に気付き、同署に被害届を提出。6月に男性看護師から事情を聴いたところ、男性看護師は関与を認め、「医療者としてこのような行為に及んでしまい反省している」と話している。

 千葉大は、山本修一病院長、看護部長らを厳重注意し、再発防止へ、監視カメラを増設したり金庫で麻酔薬を保管するなどの対策を行った。山本病院長は「このようなことが起きてしまい誠に遺憾。二度と起こらないように管理体制を強化したい」とコメントした。