アサリ漁で不発弾発見 船橋市の沖合

  • LINEで送る

船橋市潮見町の沖合で見つかった不発弾(千葉海上保安部提供)
船橋市潮見町の沖合で見つかった不発弾(千葉海上保安部提供)

 29日午前6時50分ごろ、船橋市潮見町の沖合約1・3キロ付近で、漁船でアサリ漁をしていた漁業男性(50)が漁具に不発弾が入っているのを見つけ118番通報した。

 海上自衛隊が調査したところ、不発弾は長さ33センチ、直径9センチの円筒型で、旧陸軍の砲弾とみられる。激しい衝撃を与えなければ爆発の危険はないという。