房総通リズム春の観光特集2024

北千葉道路汚職 県道路整備課の職員を逮捕 収賄容疑、県職員2人目

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県発注の北千葉道路整備を巡る汚職事件で、県警は28日、新たに収賄の疑いで県道路整備課市町村道班長、松江洋輔容疑者(48)=千葉市中央区星久喜町=を逮捕し、贈賄の疑いで印西市の建設会社「竹内建設」の元社長、竹内一雅容疑者(51)=千葉市中央区中央3、贈賄罪で起訴=を再逮捕した。同事件で県職員の逮捕は2人目となり、根深い癒着の実態が浮き彫りになった。県警は千葉中央署に約80人態勢の捜査本部を設置し、実態解明を進める。< ・・・

【残り 632文字】



  • LINEで送る