国重文級の大刀、全国2例目の鏡 市原の古墳遺物、市文化財に 首長墓の威厳示す貴重史料

写真中段が素環頭大刀(全長83・4センチ)。上段は左から鉄製工具の槍鉋(やりがんな)、槍、剣。下段は大刀=市原市提供
写真中段が素環頭大刀(全長83・4センチ)。上段は左から鉄製工具の槍鉋(やりがんな)、槍、剣。下段は大刀=市原市提供
左から小型素文鏡(直径2・8センチ)、管玉
左から小型素文鏡(直径2・8センチ)、管玉

 市原市は9日、同市国分寺台地区の古墳「辺田(へた)1号墳」で1980年代に発掘された遺物群を市文化財に指定したと発表した。副葬品のうち「素環頭大刀(そか ・・・

【残り 686文字】



  • LINEで送る