「ワクチンパスポート」26日から受け付け 千葉市、海外渡航者向けに接種証明

 千葉市は、新型コロナワクチンの接種を公的に証明する「ワクチンパスポート」の申請を26日から受け付けると発表した。海外渡航の予定がある市内居住者を対象に無料で発行する。

 市が発行した接種券で接種した人が対象で、1回目の接種が終わった時点でも申請は可能。ワクチンパスポートには、名前や生年月日のほか、接種日や接種したワクチンの種類などが記載される。

 市ホームページからダウンロードできる交付申請書や接種履歴が確認できる書類、旅券の写しなどを市に郵送する。申請後、約1週間で発行する。

 市によると、申請時に渡航する国や渡航日を申告する必要があるといい、神谷俊一市長は「現時点では、海外渡航時のみの活用を考えており、市内でワクチンパスポートの提示を求めることはない」と説明した。

 問い合わせは市ワクチン接種コールセンター(電話)0120(57)8970。


  • LINEで送る