通りに響く三味線の音色 今も残るお座敷文化 芸妓のまち東金 【ふさの国探宝】2019年8月5日

唯一残る料理屋「志津本」の門前に立つ元芸者でおかみの片野さん
唯一残る料理屋「志津本」の門前に立つ元芸者でおかみの片野さん

※この記事は2019年8月5日付の千葉日報に掲載したもので、文中の情報はすべて掲載当時のものです。

 かつて東金市のJR東金駅周辺にはたくさんの芸妓の姿が見られ、県内でも代表的なお座敷文化が花開いていた。全国各地の芸者街と同様、宴会の楽しみ方の多様化で先細りを見せてはいるものの、元芸妓のおかみが料亭文化のともしびを大切に守っている。

  ◇    ◇

 東金市の旧市街一帯にはかつて多くの芸妓(げいこ)が暮らしていた。「旅館」や「料理屋」などと呼ばれる店の座 ・・・

【残り 1221文字、写真 4 枚】



  • LINEで送る