JALスカイ社員雇用 22日からの集団接種で 多古町

多古町がJALスカイ社員を雇用(写真は本文と直接関係ありません)
多古町がJALスカイ社員を雇用(写真は本文と直接関係ありません)

 多古町は、22日から国保多古中央病院で始まる高齢者の新型コロナウイルスワクチン集団接種の事務職員として、JALスカイの社員9人を雇用する。来場者の案内などで、スムーズな会場運営につながることを期待している。

 町保健福祉課によると、パートタイマーとして時給制で雇用する。雇用期間は同日から7月末まで。1日につき5人が出勤する。

 仕事内容は、受け付け窓口での本人確認や、ワクチン接種後の接種済証発行、書類のチェックなど。午前9時から午後4時まで勤務する。

 会場運営にマンパワーが必要な町が同社に相談し、雇用につながった。同課は「接遇のプロなので期待している。高齢者に笑顔で優しい対応をしてもらえると思う」と話した。


  • LINEで送る