「つながらない」苦情500件 市原市ワクチン接種予約 初日は892人

高齢者接種の予約が始まった、新型コロナワクチンコールセンター=28日、市原市
高齢者接種の予約が始まった、新型コロナワクチンコールセンター=28日、市原市

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種で、市原市の予約が始まり、初日の28日は892人(2回接種、1784回分)を受け付けた。一方で、コールセンターの電話がつながりにくいとの苦情などが市に相次ぎ約500件に達した。

 市新型コロナウイルスワクチン対策室によると、24日に65歳以上の高齢者優先接種の対象者約8万5500人に接種券を発送した。28日から先着約5千人(1人2回接種約1万回分)の予約が、市新型コロナワクチンコールセンターでスタートした。

 電話が鳴り止まない状態はコールセンターばかりでなく、市にも「コールセンターがつながらない」とする苦情や問い合わせの電話が殺到。また、来庁する市民もおり、市職員は予約方法を説明するなど対応に追われた。

 朝と昼に計4回電話をかけたがつながらず、初日は予約を断念した市内の男性(65)は「自分の身を守ることは家族や周囲の人を守ることにもなり、できるだけ早く(ワクチンを)打ちたい」と話した。30日も電話をかけるという。

 同対策室は「ワクチンの供給量は徐々に増えるので、落ち着いて予約してほしい」と呼び掛けている。市のコールセンターは(電話)0570(027)567(平日午前9時~午後5時)。


  • LINEで送る