2020夏季千葉県高等学校野球大会

子ザルのポンチは母の背大好き! 市原ぞうの国

母ザルの背中で過ごすフサオマキザルのポンチ=市原ぞうの国
母ザルの背中で過ごすフサオマキザルのポンチ=市原ぞうの国

 市原市山小川の動物園「市原ぞうの国」(坂本小百合園長)で、初めてフサオマキザルの子どもが誕生した。「ポンチ」と名付けられた子ザルは、主に母ザルの背中で一日を過ごしており、親子の固い絆を感じることができる。

 父親の「ミッチー」と母親の「イチハ」の初めての子どもがポンチで、6月3日に生まれた。当初は、ポンチの姿を見るのは難しかったが、最近は親子3匹を見ることができる。

 ミッチーはおじさんのような面立ちで、愛らしい顔つきのポンチはイチハ似。ポンチの雌雄は現段階で不明という。


  • LINEで送る