新庁舎建設で住民説明会 完成まで一時移転の方針も きょうから申込受付 習志野市

 習志野市は22日から2月12日にかけて、新庁舎建設と建設期間中の庁舎機能移転に関する住民説明会を市内11カ所で開催する。参加申し込みは、きょう16日から受け付ける。

 同市役所は昨年3月の東日本大震災後、本庁舎旧館の構造耐震指標が低下。震度6強~7の地震で崩壊する危険性も高まっている。「新庁舎の早期建設が必要」と判断した市は、市役所北側の市有地約3万5千平方メートルを建設予定地の第1候補に挙げ、事前調査を進めている。

 説明会は、22日午前10時からの袖ケ浦公民館(定員55人)を皮切りに、市内公民館やコミュニティセンターなど計11カ所で実施する。開催スケジュールは市ホームページに掲載し、きょうから電話で参加を受け付ける。問い合わせは同市経営改革推進室、電話047(451)1151。


  • LINEで送る