船橋市の家庭ごみ 収集回数減で排出行動変化 「可燃」減り「雑がみ」増加 【地方発ワイド】

 昨年10月に家庭系可燃ごみ収集日を週3回から2回に減らした船橋市は、回数減からの1年間に人口が約3千人増加しながら、可燃ごみ収集量は約1500トン減り、1人1日あたりの排出量も約9グラム減少したと公表した。有価物にあたる雑誌・紙類の「雑がみ」回収量が約480トン増 ・・・

【残り 1193文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る