農業ハウス解体に汗 HGさんら吉本芸人 館山

 台風15号で被災した地域を支援しようと、レイザーラモンHGさんら吉本興業所属のお笑い芸人10人が9日、館山市の布沼地区を訪れ、壊れたビニールハウスの骨組みの撤去などボランティア活動を行った=写真。

 同地区では、強風で多くのビニールハウスが倒壊。名産のストックやトルコキキョウの苗が大きなダメージを受け、年内の出荷は難しい状況になっているという。ボランティアは市社会福祉協議会を通じて行われ、HGさんのほか、くまだまさしさんや「スリムクラブ」、ムーディ勝山さんらが訪れた。

 HGさんらは同地区で大きな被害を受けた各農家を回り、壊れたハウスの骨組みの撤去やごみ拾いに汗を流した。神戸花卉(かき)生産組合の早川善行組合長(55)は「ボランティアが減ってきている中、被害が忘れられてしまうのではと不安だった。有名な人に来てもらい、とても助かる」と話していた。


  • LINEで送る