ヒツジ150匹「笑顔」描く 富津・マザー牧場

約150匹のヒツジたちが広大な牧草地に大きな「にっこりマーク」を描く=富津市田倉のマザー牧場
約150匹のヒツジたちが広大な牧草地に大きな「にっこりマーク」を描く=富津市田倉のマザー牧場

 台風15号による強風で建物損壊や停電の被害を受け、ようやく営業を再開した富津市田倉のマザー牧場で、約150匹のヒツジたちが広大な牧草地に大きな「にっこりマーク」を描くイベントが行われている=写真。

 「ひつじのにっこり大行進」と題し、来園者に笑顔を届けようとヒツジたちが絵文字に挑戦。「皆さまからの温かい言葉があったからこそ復旧作業ができた」として、スタッフ全員が感謝の気持ちを込めた企画だ。

 小屋を出たヒツジたちは牧場の斜面下に元気よく駆け下りて集合すると、次第に笑顔の形に。見守っていた家族連れも大喜びで拍手を送り、引き続きヒツジたちとの触れ合いのひとときを楽しんだ。

 31日まで。毎日1回午後0時半から約15分間開催。雨天中止。問い合わせは同牧場(電話)0439(37)3211。


  • LINEで送る