“七つ葉クローバー”発見 市原の大野さん「幸運期待」

 葉が7枚のクローバー(シロツメクサ)、発見。市原市草刈の農業、大野繁樹さん(76)が、七つ葉のクローバーを“押し葉”にして大切に保管している=写真。

 5月7日、大野さんが庭先で見つけたもので、葉が7枚あり驚いたという。これまで六つ葉などは見つけたことがある大野さんだが七つ葉は初めてで、ラッキー7の「効果を期待している」と話す。

 10年ほど前、テッポウユリが80個ほどの花を付け話題になったことがあるという。珍事はそれ以来で、大野さんは「高校の同窓会報に掲載してもらう予定」と喜んでいる。


  • LINEで送る