県内舞台の映画「夜明け」 旭で初日舞台あいさつ 柳楽優弥さん、小林薫さん出演

  • LINEで送る

映画について語る柳楽さん(右から2人目)ら関係者=18日、旭市のサンモールシネマ
映画について語る柳楽さん(右から2人目)ら関係者=18日、旭市のサンモールシネマ

 旭市など県内各地で撮影された柳楽優弥さん、小林薫さん出演の映画「夜明け」の全国公開に合わせ、旭市のサンモールシネマで18日、初日舞台挨拶(あいさつ)が開かれた。登壇した広瀬奈々子監督は「(ロケ地の)自然の美しさや街並みの良さがこの映画に写っている」と語り、鑑賞を呼び掛けた。

 同映画は、是枝裕和監督の弟子に当たる広瀬さんの映画監督デビュー作品。18日、全国で封切りとなった。

 木工所を営む男が、川辺で倒れていた見知らぬ青年を助けて介抱する。青年はそのまま男の家に住み着いて木工所で働き、2人は親子のような関係を築いていく。しかしその頃、数年前に町で起きた事件にまつわるうわさが流れ始める-といったストーリー。木工所など多くのシーンを旭市内で撮影したほか、銚子市内の商店街、匝瑳市の林などでもカメラを回している。

 舞台挨拶には出演した柳楽さん、YOUNG DAISさん、鈴木常吉さんと、広瀬監督が登壇。明智忠直旭市長から花束を受け取った。柳楽さんは「何か寄り添える作品になったという自信がある」と話し、広瀬監督は「人々の温かさの中で撮影できてうれしく思う」と、協力した地域の人々に謝意を表した。