電車内で女児出産 乗客らが取り上げる JR柏駅

  • LINEで送る

 19日午後1時40分ごろ、柏市柏1のJR常磐線柏駅に停車した電車内で、乗客の女性(25)が、子どもを出産した。同市消防局によると、生まれたのは女児で、母子は救急車で市内の病院に搬送された。病院到着時の母子の健康状態はおおむね良好だという。

 JR東日本東京支社などによると、女性は同線品川発土浦行き下り特別快速(15両編成)6号車の優先席に乗車。同電車が柏駅に停車した際、ホームの非常停止ボタンが押され、車掌が駆け付けたところ女性が出産していたという。

 車内に居合わせた男性によると、出産時、女性は床に横たわり、周りを別の女性4、5人が囲んだ。駅員が持ってきた毛布を女性の下半身に掛け、出産経験があるという人が女児を取り上げて毛布にくるみ、しばらく抱いていた。車内に「おぎゃー」という声が響くと、拍手が起こり「良かったね」と言う人もいた。

 車内では医療関係者を探すアナウンスが流れ、出産後に医師と看護師が駆け付けた。

 乗客が「車内で出産した人がいる」と119番通報し、女性と女児は到着した救急隊員から電車内などで応急処置を受けた。

 同社広報は「電車内での出産は、少なくとも社内では過去に例がない」としている。

 当時、同電車には約400人が乗車。同線は安全確認などを行った後、約30分後に運転を再開した。特急ときわを含む下り5本が最大28分遅れ、乗客約2100人に影響した。