世界最小の衛星開発 20年めど打ち上げ 災害監視や対策に活用 千葉大

 千葉大学環境リモートセンシング研究センター(千葉市稲毛区弥生町1)は、世界最小、最軽量の小型衛星・レーダのモデルを開発した。202 ・・・

【残り 589文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る