ロゴ、みんなで決めて ツイッターで投票 ZOZOマリン

  • LINEで送る

 千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区美浜1)の命名権を取得し「ZOZO(ゾゾ)マリンスタジアム」と名付けたスタートトゥデイ(前沢友作社長)は契約開始日の1日、スタジアム正面に設置するメインロゴを決めるインターネット投票を始めた。前沢社長のツイッターを通じて三つのロゴ図案を公開。最も投票が多かった図案を採用する。投票期間は6日午前7時半まで。

 ロゴは、同社の男性デザイナーが作成。3案とも「ZOZOMARINESTADIUM」の文字と、カモメを囲む二重の円のマークが入る。

 カモメについて同社は「マリーンズ選手とファンの象徴」と説明。内側の円は市民、外側は船を表現したという。「皆さんと一つの船に乗り、新たな歴史を共に創っていきたい」としている。設置時期は未定。

 前沢社長のツイッターはフォロワー数が多く、発信力が高いため、投票の場にした。1日午後6時半現在、1万9千人以上が投票している。

 同球場の命名権について同社は、今月1日から10年間、総額31億円の契約を市と本拠地にするプロ野球千葉ロッテマリーンズと結んでいる。

 前沢社長は過去にツイッターで、命名権取得を「悲願です。うれしいです」とし、「昔からいろいろなカタチでマリーンズさんの支援は行ってきましたが、これを機会にさらにファンや球団の皆様に喜んでいただける企画を次々にやりたいですね!皆様からの楽しいアイデアもお待ちしてます!」とつぶやいている。