シカ飼育は6月まで!? 香取神宮「リスク大」 譲渡の愛護会「継続を」 【地方発ワイド】

  • LINEで送る

香取神宮の敷地内で飼育されているシカ。今年6月には退去することが決まっている=昨年12月
香取神宮の敷地内で飼育されているシカ。今年6月には退去することが決まっている=昨年12月

 香取神宮(香取市)のシカが、昨年7月にボランティアグループ「香取の鹿愛護会」(川崎市、鍵元礼子代表)に譲渡され、今年6月末をもって1年間の引き取り猶予期限を迎える。残り半年を切る中、愛護会は「まだ新しい飼育場所は決まっていない。可能なら今の場所で飼いたい」と切望。一方、神宮側は「このまま飼い続けるのはリスクが大きい」と期限内の退去を望んでいる。(香取支局 馬場秀幸)

 観光地などで生育しているシカでは奈良公園(奈良市)が有名。香取神宮の関係者などによると、同神宮のシカは昭和30年代ごろ、ゆかりのある鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)に倣って飼い始めたという。現在、敷地内の柵の中に16頭いる。

◆飼育めぐり批判も

 かつてはシカ以外の動物も複数いて、敷地内の憩いの場としても人気があったといい、雑務スタッフが餌やりなどの世話をしていた。このため「プロの飼育員はおらず、シカにとって決して良い環境ではなかった。飼育の方法をめぐって、たびたび動物愛護団体から批判があった」(同神宮)という。

 数年前から、愛護会とは別のボランティアが支援を行っていた。神宮側は昨年春、鍵元さん(44)らの活動を理解し飼育全般を依頼。両者の関係は良好だった。同会も「このまま神宮でシカを世話するのが一番と考えていた」と振り返る。

 それが、なぜ神宮がシカを手放したのか。

 理由について、同会は昨年6月にあった出来事を指摘。「神宮の担当者が何の前触れもなく、赤ちゃんを産んだばかりの母ジカと、出産前のシカの2頭を『シカが増えすぎた』との理由で、知人に譲った」という。すぐに2頭は神宮に戻ったものの、この一件以降、両者の関係はこじれたという。昨年7月、神宮は同会にシカを譲渡するとして、文書を取り交わした。

◆のしかかる愛護法

 譲渡の背景には、飼い主の責任などを求める2013年9月に施行された改正動物愛護法もあった。神宮側は「『ただ、かわいい』だけでは動物を飼える時代じゃなくなった。シカのことを思えばの譲渡。現行の法律では、やむを得ない。このまま飼い続けることはリスクが大きい」と説明。

 さらに「あの場所(鹿苑)でシカを飼っている以上、飼い方などをめぐって、インターネットで誹謗(ひぼう)中傷の書き込みをされるのは香取神宮。以前に愛護動物ではなく、畜産動物として飼うことも模索したが、宗教法人として、シカを思えばこそ譲渡するしかなかった」と続けた。

 日本神話に登場する鹿島神宮の武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)と香取神宮の経津主大神(フツヌシノオオカミ)が、手紙でやりとりした際にシカを使ったとの言い伝えがあるなど「神の使い」とされた同神宮のシカ。参道で商売を行う経営者の一人は「もともといたシカがいなくなるのは寂しいが、神宮が決めたことなので」と話した。