客と触れ合う森の妖精 ツダヌン(習志野のモリシア津田沼) 【ちば ゆるキャラコレクション】

  • LINEで送る

 習志野市のショッピングセンター「モリシア津田沼」のオリジナルキャラクターで、「森の妖精」という設定。木の葉をイメージしてデザインされたが、白と緑を基調とした色合いから、ダイコンによく間違えられるのがちょっと悩み。

 毎月最終週の休日は、館内を散歩して買い物客との触れ合いを楽しむ。片足を上げる得意ポーズに手を振ったり飛び跳ねたり、愛らしい動きを見せ、店内のにぎわい演出に一役買っている。記念撮影など「遊んでくれたお友達」には自身の絵柄入りバッジもプレゼント。

 年2回ほど近隣の保育園や幼稚園に出張し、館内のイベント情報をツイッターで知らせるなど“担当業務”は幅広く、なかなか忙しい。

 背中にある謎のチャック。こっそり近づいて開けてみようとする子どもたちは多いが、「実は開かないチャックなんです」(同館関係者)と明かされた。