3人制バスケ、ホーム初開催へ 「地元船橋盛り上げる」 ららぽーとで男子25日、女子26日

初のホームゲームへ意気込む品川選手(左)ら「SAKURA FUNABASHI」のメンバー=船橋市役所
初のホームゲームへ意気込む品川選手(左)ら「SAKURA FUNABASHI」のメンバー=船橋市役所

 3人制バスケットボール「3x3 Sリーグ」に所属し、船橋市を拠点とするプロチーム「SAKURA FUNABASHI」の選手4人が同市役所を訪れ、初開催するホームゲームへ意気込みを語った。男子は25日、女子は26日に、ららぽーとTOKYO-BAYで試合を行う。チーム代表を務める品川恭亮選手(32)は「3x3は攻守の切り替えの速さが魅力。船橋を盛り上げたい」と観戦を呼びかけた。

 品川選手は「コロナ禍で忘れてしまったスポーツの感動を思い出してもらえるよう頑張る」と決意。市内出身の品川夏帆選手(29)は「地元でできるのが楽しみ」と笑顔を見せた。今泉拓磨選手(35)と丸山太陽選手(23)も同行した。

 松戸徹市長は「いい試合を見せるとファンが広がっていく。25日の試合を見に行くので楽しみにしている」と激励した。

 チームはホームゲームの開催資金をクラウドファンディングで募っている。規定金額を支援するとチームのグッズを受け取れる。詳細はチームホームページに記載されている。

 3人制バスケのSリーグは2022年に設立され、関東甲信越地方のトップレベルの14チームが所属。SAKURA FUNABASHIの男子は同年、女子は今年から参加している。


  • LINEで送る