房総通リズム春の観光特集2024

早春の鴨川、菜の花おいしく 中学生提案、新メニュー なめろうやパスタに合う料理

料理を考案した生徒と、商品化した「CaSa」の中沢さん(左)、「カネシチ水産」の青木征一郎さん(右)=鴨川市
料理を考案した生徒と、商品化した「CaSa」の中沢さん(左)、「カネシチ水産」の青木征一郎さん(右)=鴨川市
「CaSa」が鴨川中生徒の提案を基に作った「菜の花とマスカルポーネチーズジェノベーゼ」
「CaSa」が鴨川中生徒の提案を基に作った「菜の花とマスカルポーネチーズジェノベーゼ」

 約3万3千平方メートルの敷地いっぱいに菜の花が咲き誇る鴨川の早春の風物詩「菜な畑ロード」の開催に先駆け、飲食店などでも一足早い春の訪れを感じてもらおうと、鴨川市立鴨川中学校の生徒のアイデアを基にした菜の花の新メニューが完成した。郷土料理「なめろう」をアレンジした料理とパスタの2品で、市内事業者が商品化。すでに各店舗で提供を始めている。

 菜の花メニューの開発は、市観光協会が先月から開催している「菜な畑フェア」 ・・・

【残り 582文字】



  • LINEで送る