成田空港にアニメロード 28日オープン、訪日客に魅力発信 グッズ販売や飲食店も

成田空港アニメロードのフォトスポット:夏「エヴァンゲリオン」(c)カラー
成田空港アニメロードのフォトスポット:夏「エヴァンゲリオン」(c)カラー
エンターテインメントカフェの店内イメージ
エンターテインメントカフェの店内イメージ

 一般社団法人アニメツーリズム協会(東京都千代田区、富野由悠季会長)とKADOKAWA(同、松原眞樹社長)、成田国際空港会社(成田市、田村明比古社長)は18日、成田空港第2旅客ターミナル本館2階に、アニメをテーマにした新エリアを共同でオープンさせると発表した。全長60メートル超の通路壁面にアニメキャラクターイラストを展示する「成田アニメロード」などが登場し、アニメ特化型複合エンターテインメントエリアに生まれ変わる。オープンは28日。

 同協会では成田空港を「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の「0番札所」に認定し、2018年4月から「アニメ聖地88」インフォメーションボードを設置している。

 成田アニメロードでは、「名探偵コナン」や「進撃の巨人」など、海外でも人気の高い日本のアニメ作品のキャラクターが、日本の四季それぞれの象徴的な光景をバックに登場し、フォトスポットとしても楽しめる。

 また、KADOKAWAプロデュースによる飲食店とグッズショップを展開する「成田アニメデッキ」を新設。アニメをテーマにした物販と飲食による体験型エンターテインメント施設で、約760平方メートルのスペースに「グッズショップ」「イートインレストラン」「エンターテインメントカフェ」を設置。ここでしか買うことのできないアニメ作品のオリジナルグッズやコラボメニューを展開するほか、ステージ併設のカフェではイベントも行われるという。

 3者は「東京2020オリンピック・パラリンピックを機に、より多くの外国人観光客の訪日が見込まれる中、日本の空の玄関口・成田空港で、日本のアニメコンテンツの魅力を広くアピールし、国内外のアニメファンに楽しんでもらえるエンターテインメントを提供していく」としている。


  • LINEで送る